2018年4月19日(木) 関西トークの会(19回生)を実施しました

快晴のすばらしい天気に恵まれた4月19日(トークの会の定例同期会の日)、北海道と岡山からの仲間たち13名と70才、古希の年の楽しい集いを実施しました。

第一部はオプショナルツアーということで落語家と行く「なにわ探検クルーズ」です。ユニバーシティ駅に集合後、クルーズ船に乗船。安治川から堂島川、大川、東横堀川、そして道頓堀川回遊の1時間半のクルーズです。途中、安治川や東横堀川の水門、中央卸売市場やグリコの看板などの建築物を若手落語家のガイドによる観光は、また違う大阪を知ることができ非常に有意義で参加者も大喜びでした。

第二部は難波松竹座の地下にある「たちばな」での懇親会。「たちばな」に工場が併設されている道頓堀ビール(地ビール)やおいしい料理に近況報告や趣味、健康の話題が尽きることはありません。予定の時間はあっという間に過ぎてしまいました。最後は来年4月19日の再会を約して散会。

それでも離れがたいのか有志8名はさらにカラオケに。自慢の声の披露や思い出の歌の合唱(もちろん高校三年生も)に文字通り青春を謳歌しました。

結局朝9時半から夕方5時半までの8時間の同期会!みなさん若さを実感した一日でした。いったい古希はどこに行ってしまったのでしょうね?!

今回トーク会を企画・運営していただいた大津谷さんに感謝・感謝です。本当にありがとうございました!(19回生 福地記)

 

2018年3月18日(日)関西同窓会25回生同期会を実施しました

“Good to see you again”

2018年3月18日

 1973年3月の卒業から45年、関西同窓会の25回生・老々男女が大阪・梅田に集合しました。

昨年の関西さるく会皆勤賞のお姫様筆頭にさるく会常連達、久し振りのメンバーも。 乾杯で始まった宴は、同期生ならではの想い出話、近況など話が尽きることはありませんでした。『そげんこと よう覚えとったね』、『あんひと 可愛かったけんね』等々。

誰かが持ち込んだ卒業アルバムを開いた瞬間、『45歳も若返った』と言ったお姫様や、食い入るようにアルバムを覗き込むお殿様もいて、美味しい料理・美味しいお酒でいっぱいの会場が高校時代にタイムスリップした空間となりました。

関西にはまだ多くの同期生がいて、『もっと沢山で集まろうね』、『皆で声掛け逢おう』と誓い合いました。

表題の訳は“また会えて嬉しい”ですが、“Long time no see(久し振り)”よりも良い響きだと思いませんか。 そんな、25回生初めての同期会でした。(松﨑 記)

2017年5月27日(土) 21回生の同期会を実施しました

 5月27日(土)、44回生の西坂さんが経営する「満海」で21回生同期会を開きました。
関西での同期会の話は、今まであったのですが色々な事情で立ち消えとなり、卒業50周年を前に集まろうという事で関西在住者総勢27名中、6名が参加しました。呼掛人の一人TOKさんが話題作りにと卒業時の住所録や卒業写真を持ってきてくれたおかげで話題には困りませんでした。自己紹介で「卒業から今までのこと」を話してもらったのですが、一つ話すたびに質問で脱線するので6人が話し終ったのは、1時間半後でした。話を進めて分かったのは、6名中5名が桜馬場中出身という事で、話が盛り上がると中学時代にまで遡るので本題に戻すのが大変でした。話は尽きることなくアッという間に3時間が経過したところで再開を約束してお開きとなりました。(21回生 鳥山記)

2017年5月17日(水) 東七会関西を実施しました

 
 5月17日(水) 1年振りに東七会関西を開催しました。場所は、お馴染みの「満海」。料理は美味いし、交通の便は良いし・・・値段も勉強して頂いているし・・・。参加者は女性2人を含む6名。内、1名は広島市からの新幹線参加。お疲れ様です。
 顔なじみのメンバーなので乾杯、食事、アルコールも手伝ってスムーズにお喋り進行。故郷の芋or麦焼酎、”満々”を初めて味わいました。夫々ロック、水割り、お湯割りを注文。美味しかったです。
   ふと参加者相互の接点を思い出すと、幼稚園や小中高での同級、住所が近隣等・・・と可也近かったことが分りました。
 先ず、週刊誌”サンデー毎日”編、”長崎県高校の大学合格先”を見て、母校の現状を知りました。驚いたのが”諫早高校”の躍進。ダークホース! 最近余り関心が無かったので尚更です。
   今回、初めて話題に上がったのが、長崎人の心です。”親切”・”人が良い”・”情が厚い”と改めて確認出来ました。これが逆に”煩わしかった”との発言があり驚きました。原爆被害が比較的少なかった上長崎・伊良林・片淵・桜馬場の校区は良きに付け、悪しきに付け長崎の古い心情が残っているのでしょうね。
更には、お墓や遺言にまで話が進み、お互い傘寿で有る事を実感出来ました。
 当日、来るとき電車の駅を間違えて下車したり、店へ忘れ物をしたり・・・不思議ではありませんよね。
食事後、何時もの?クラシックなコヒー店で追加のお喋りをしました。
 気になる点もありますが来年も、元気に会いましょうという事で楽しい一時を過ごす事が出来ました。7回生 小菅記

2017年5月14日(日) 15回生の同期会を実施しました

 

 15回生春の同期会
5月14日、恒例の15回生春の同期会を開きました。
15回生は20年前から春秋年2回の同期会を続けていますが、今回も16名が出席。JR天満駅近くの隠れたビストロでの本格フレンチ。U君お勧めの店です。美味しい料理とワインを堪能して、話は尽きません。名残を惜しみつつ秋の再会を約束して帰路につきました。15回生 平記

2017年4月19日(水) 36回生の同期会を実施しました

 4月19日36回生の同窓会を行いました。長崎に戻るF君の送別会も兼ねて、遠くは沖縄からミュージシャンのMさんを筆頭に、みんな忙しい中、仕事に打ち勝って9人が集いました。話題は国際情勢から中学の時、誰が一番足が速かったかなど多岐にわたって盛り上がりました。心のこもった寄せ書きと来れなかった発起人のKさんに感謝し、F君もウルウルしてました。二次会では卒業アルバムを見ながら時間を忘れて盛り上がりました。三次会、なんと天才MS君のピアノ、Mさんの天使の歌声、Tさんの幻想的照明でセッション。曲はやっぱり卒業写真。あの頃の生き方を決して忘れないみんなで元気を共有した1日でした。

2017年4月19日(水) 関西トークの会(19回生)を実施しました

 4月19日は毎年恒例の関西トークの会(19回生)の例会です。北海道、神奈川、三重、岡山などトークからのメンバーも含め15名が参加しました。
 10時半に京阪三条駅に集合しタクシーで東山の青蓮院門跡へ。皇室ゆかりの格式の高いお寺を拝観。素晴らしかったのは大舞台からの京都市内一望。大文字の送り火がすべて見ることができるという大舞台にみなさん大喜びでした。
 そしてお待ちかねの懇親会。乾杯の後はおいしい料理とお酒とトーク。特に近況報告では3月に「鉄川與助」を出版した喜田さんとレザークラフトで革ジャンを作った高君に話題集中。同期としての誇りと羨望が満ち溢れていました。その後時間いっぱいまでトークした同期会も来年の再会を確認して無事終了。
 当然これで終わるはずもなくカラオケの二次会へ。長崎と青春時代の歌、そしてトークは途切れることがありませんでした。(さらに三次会に行った豪傑も!)
 今年卒業50周年を迎える参加者には「若さ」しか感じることができない楽しい一日になりました。今回のトークの会を企画してくれた大津谷君、ありがとう!(19回生 福地記)

 

2016年10月28日(金) 36回生の同期会を行いました

36kaisei

長崎からEさんが仕事で来阪するとのことで、2ヶ月ほど前からKさんが企画して、関西在住の同期が10/28に梅田のイタリアンレストランに集まりました。仕事を早く片付けて、久しぶりの再会。乾杯の一杯からすぐに、仕事などの近況報告や、8/13の長崎での東高全体での同窓会の二次会での写真を見ながら同期の話、さらにはノーベル文学賞の話まで発展して、美味しい食事とともに楽しい時間を過ごすことができました。福岡でも同期3人が集まっていて、フェイスブックで写真を共有しました。
同期の皆さん、関西へ来る予定があれば誰かに一言お声掛けをお待ちしています。なお11月5日(土)の関西同窓会第5回総会には関西在住者10名の内、7名が参加します。参加率最高とか!(36回生 川端記)

2016年5月16日(月) 関西 東七会を実施しました

1605167kaisei01 1605167kaisei02

終戦後、海外からの引き揚げ者2名とバラバラの経歴ですが「長崎東高」卒と言う共通の固いキズナで有る事を再確認しました。12:00~14:00は、美味しい「満海メニュー」+アルコールで話が弾み、引き続き近くの喫茶店でコーヒーを飲みながら、時間の経つのも忘れました。

昨秋の東七会@長崎の他、眼鏡橋、龍踊り@長崎駅、長崎夜景等の最近の写真や市内観光案内資料が有ったので、話の口火を切るのに一役買ったみたいです。

年寄りが集まると、話題は「病気」と「孫」に偏ると良く言われます。
今回も「病気」の話が出ましたが、皆が比較的健康の所為かボヤキは特に無く、「認知症」の予防対策はどうしたら良いか等比較的 プラス志向だったと思います。 被爆者手帳は助かるとの発言もありました。本会初のトピックとして青春物語が有りました。卒業後、在学中に思いを寄せていた人と初デート・・・。 60年位前ですよね。「羨ましい!」とか「不良!」とかの発言も有りましたが懐かしいです。

まだまだ書き足りませんが楽しい一時でした。来年の再会を期して帰路につきました。(7回生 小菅記)

2016年5月8日(日) 15回生の同期会を実施しました

16050815kaisei01 16050815kaisei02 16050815kaisei03

5月8日(日)、15回生の同期会を実施しました。関西にいる15回生はもう十数年来、毎年5月と11月の第二日曜日に集っています(関西同窓会が設立された平成24年以降の秋例会は関西同窓会後の二次会として)。

今回は14名の参加。昨年の春例会はメンバーYさん宅での観桜会でみごとな八重桜を堪能しましたが、今年は吹田にある焼肉屋さん。70歳を越した爺さん婆さんとは思えぬ健啖ぶりで酒も進みます。趣味やボランティアの話など近況報告や「来年は一泊旅行を」の話題も出て話は尽きません。11月の関西同窓会での再会を約束して散会。あっという間の3時間でした。(15回生 平幸治記)