No27 長田正子 25回生 「心に響くことばとの出逢い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

姫路の隣、相生に住んでいます。造船が盛んだった頃長崎から多くの人々がやってきて働く傍らペーロンを伝え、市役所には「長崎の鐘」もあります。この街に住み42年の時が流れ、色んな事があったなぁ~と。…happyな時はそのまんまでOK❕反対に思い悩んでる時、unluckyな事に見舞われた時心に響くことばに出逢い、道標になった気がします。

 「自分にとって幹は何?枝は?葉っぱは?幹がしっかりしていれば枝葉は風に吹かせておけばいい。それでもどうしても我慢できなければ枝葉は切り落とせばいい。そして幹が上に伸びられない時は地面にしっかり根を張りめぐらせよ」
コロナ禍の中、私はお店をしているので今まさに「根を…」です。
そしてもう1つ大好きなことば…Tomorrow  is  another  day.  I’m  sure  something  good  will  happen ❕

また笑顔でお会いできる日を楽しみにしています。

 次は播磨東風会のメンバー19回生の太田澄子さんにタスキを渡します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です