No54 波多野徹 19回生 「長崎から感謝と思い」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 関西同窓会の皆さんお久しぶりです。19回生、同窓会会長を拝命中の波多野徹です。コロナ禍で辟易の日々ですが、オリンピック選手の活躍による歓喜、また感動の涙に救われてます。

長崎は本年で開港450年を迎えます。

我が母校も新制高校となって73年、前史に遡れば旧制長崎中学校から173年、更に長崎商業と同じく英語伝習所から162年、更に長崎聖堂から345年。

我が故郷は何と面白い歴史上の街でしょう。是非、コロナ禍が落ち着いたら延期した次の同窓会総会で長崎に帰省されたし!各回の同窓会生が歓待してくれます。

ところで会報は見ていただいてますか?

学生も学校、先生、PTA、我ら同窓会生も奨学会も頑張っています。この経済的維持は皆様の協賛金と寄付金に支えられてます。私の理想は一人千円。もしお送りした約二万人全員がそそうなら万々歳。それに近づけたらと願うばかりです。
先日、総合文化祭とインターハイの出場者メンバーへの支援金の贈呈式に代表して母校に行ってきました。孫の年代です。

行動があれば思いは繋がって行くものです。皆様とともに。

次は現在母校の教師で同窓会の専務理事を担当していただいている山口一守さん(45回生)にタスキを繋ぎます。山口さん、よろしくお願いいたします。

写真は13回生堀さんが編集した450年記念の書籍です。版画は田川憲さん。田川さんの長男肇さんは14回、二男良さんは19回です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です