2019年4月6日(土)播磨東風会「姫路城観桜会」を実施しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月6日(土)恒例となった姫路城観桜会を実施しました。

播磨東風会 【地域活動報告】としての花見会の報告です。
***************************
ベストコンディション!今年の観桜会は、平成最後の姫路城観桜会
ここ数日の寒さが去り、暖かく汗ばむほどの陽気で、快晴の空の下ソメイヨシノ、シダレザクラが満開間近でした。
いつものように天守閣直下、桜木の近くに陣取った宴席には、播磨東風会メンバーに常連同窓生を加え、姫殿5名を含む10名が集まりました。
N先輩の発声宜しく麦酒で乾杯。 花見弁当をひろげ、地酒に満たされた枡が並んだ頃には話も最高潮に!
でも、何の話をしましたっけ??? 飲み過ぎて、「Oさん曰く、ビタミンDは日光浴で作られる。今日はベスト」、
「Mさんと私は上長崎~片淵~東と進み。 出口先生にコーラスとブラバンで世話になった」、
「『令和』はいかが? 響きいいよね」、
「播磨と摂津の境は? 摂津会もぜひ立ち上げを」
しか覚えとらんけど、話は尽きませんでした。
地酒の枡が空くことなく満たされていたのは、O先輩が足しげく販売所に通われたおかげ、有難うございました。
姫路市制130周年の年に。 国宝・姫路城をバックに特設のステージでは、お琴の演奏、和太鼓との共演、コーラスの合唱など色々な催しが繰り広げられていました。

 私、姫路に住んで42年、桜満開の姫路城で、琴の演奏を聴きながらいただいたお抹茶と和菓子は、また格別でした。
播磨東風会の恒例行事に。花を愛で、酒を愛する同窓生とのこの良き宴は、これからも続けていくことになりました。
一年後、更に多くの同窓生に集まってもらえるよう連携のLINE登録を交わし、会の発展を誓い終宴となりました。
(36回生川端写真、25回生松﨑記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です