2019年6月21日(金)東七会・関西を実施しました

2019年 東七会・関西 開催報告 
6月21日(金)1年振りに、いつもの”満海”で開催。参加者は5名(内女性1名)。
1名は遠路広島市より。
お互いに元気な顔を見ると嬉しいですね。
”満海”で約2時間。
その後。近くのレトロなコ−ヒ−店で約1時間を過ごし再会を期して解散。
外観からは互いに加齢は余り感じなかったのですが、会話内容では前回より進んだ感じ。
先ず、我々7回生がクロ−ズアップされた最新の会報 ”ひがし Vol.12”。
主題は卒業50周年”古希”記念同窓会であったが、
開催が平成17年11月なので,令和元年の現在から顧みると時間が空き過ぎた感じだった。
今、世間を騒がせている”弐千萬円”問題は皆さん”余裕?”の感じ。
然し、約5年周期の相場の波を活用すれば1億円も可能と聞かされて驚き。別世界です。
”終活”の話題でも余り深刻にならなかったが認知症が絡んで介護になると大変と・・・。
”認知症は怖くない”との特集を組んだ月刊誌の”目次”のみを印刷し資料として配布。
其の他、最近”連合い”に先立たれた当事者曰く、
”もっと、優しく対応していたら良かった・・・”と後悔の弁。
等々他にも話題の種は尽きませんでしたが時間切れ。
     7回生 小菅 正弘 記

   

2019年7月6日(土)奈良地区懇話会・ばってんまほろば会(七夕会)を実施しました

ばってんまほろば会(奈良地区懇話会)の七夕会を実施しました。
2019年7月6日(土)奈良在住の同窓生10名が新大宮駅前の旬食炉端「板焚屋」に集まりました。
メンバーは以下の通り(敬称略)
7回生:小菅
9回生:永尾
10回生:溝上
12回生:後藤
17回生:小渕
19回生:福地
23回生:手嶋
24回生:松田、松尾
25回生:長岳
松尾会長の挨拶、つんたかビールで乾杯!
美味しい料理を堪能しながら、会話も弾み、楽しくお酒も進みました。
近況報告では、やはり健康関連の話題が多く、色々な取り組みを興味深く伺うことが出来ました。
今回は、体調不良による欠席、女性や若い年代の参加がなかったのが残念なことでした。
次回(2020年1月18日予定)にまたお会いしましょう。

2019年7月6日(土)第37回常任幹事会を実施しました

第37回常任幹事会を開催しました。
日時:2019年7月6日(土) 13:00~16:00
場所:IDMビル6階会議室
議題:
(1)2018年度収支決算が適正に処理されている旨の報告が平山監査役からあり、確定しました。
(2)2019年度予算案が事務局より提案されました。
(3)第8回総会・懇親会運営委員会の企画立案係の決定は候補不在につき次回持ち越しとなりました。
(4)第8回総会・懇親会のお楽しみ行事の内容についてアイデアを持ち寄り検討しました。
   次回も引き続き検討し、具体化することになりました。
(5)同窓会だより第10号(9月発行予定)の企画案が承認されました。
(6)会員拡大プロジェクトから活動状況報告がありました。
(7)名簿管理について管理規定を見直すことになりました。
(8)次回常任幹事会の日程が決定しました。
    第38回:9月14日(土)12:00~ 同窓会だよりおよび総会案内状の発送作業
                 14:30~ 常任幹事会
    第39回:10月20日(日)14:00~16:30
    (臨時)総会直前準備 11月16日(土)14:00~

2019年7月28日(日)第57回関西さるく会「奈良・平城京跡さるく」の下見を実施しました

第57回関西さるく会「奈良・平城京跡さるく」の下見を実施しました。
2019年6月30日(日)活発な梅雨前線が停滞し、強い雨が降りしきる中でしたが、
福地さん、長岳さん、伊藤さんご夫妻、と手嶋が奈良地区委員として参加しました。

和銅3年(710年)、飛鳥に近い藤原京から平城京に都が移りました。
唐の長安をモデルにして設計され、南北約5㎞、東西約6㎞、都の中央北端には政治の中心となる平城宮が造られました。
784年に長岡京に都が移るまでの間の75年間、藤原京から始まった国造りをさらに発展させ、
国家として機能するシステムを造り上げた奈良時代をより深く知ることが出来ます。
当日は、ボランティアガイドに詳しく説明していただきながらさるきます。

集合日時:2019年7月28日(日)10:00(出発:10:15)
集合場所:近鉄大和西大寺駅南口改札
予定コース:近鉄大和西大寺駅⇒平城宮跡資料館⇒第一次大極殿⇒復元事業情報館(昼食)⇒朱雀門⇒平城宮いざない館⇒朱雀門広場からバスで近鉄奈良駅まで移動⇒反省会(サイゼリア近鉄奈良駅ビル店)
     
その他注意事項
・冷房の効いた建物内の時間を比較的たっぷりと取り、移動はできるだけ短時間にというコンセプトで企画しています。
 ・ただし、当日の天候、気温、体調を考慮しながらコース・時間を変更する場合がありますのでご承知おきください。
 ・歩きやすい服装や靴でご参加ください。
 ・また、帽子、日傘などもご用意ください。
 ・水分補給もお忘れなく。
 ・バス移動は運賃100円です。(ぐるっとバス:所要時間約15分)
 ・反省会は、15:00~16:30を予定しています。
  また、反省会の会費はアルコール飲まない人(約1500円)、アルコール飲む人(約2200円)を予定しています。

以上

2019年6月1日(土) 関西同窓会会員拡大プロジェクトがスタートしました。

 関西同窓会の新規会員拡大と現会員の実働化をはかる目的のプロジェクトチームが5月25日開催の常任幹事会で承認を受け発足しました。
 このプロジェクトの特色はFacebook(以下FB)を中心とした取組み。メンバーへの参画要請もFBで呼びかけ全員賛同を得ました。また現在考え方、取り組み内容についてもレジメをもとにFB上で共有をはかっています。
 まだまだ活動の緒に就いたばかりですが、早速リーダから新規会員獲得の嬉しい報告もあり、メンバー全員やる気満々!少しでも関西同窓会の会員拡大に貢献できるようにと決意を新たにしています。
 会員のみなさまのご声援とご支援、よろしくお願いいたします。(19回生福地記)

2019年6月23日(日)第56回関西さるく会「大阪さるく」の下見を実施しました

6月2日(日)第56回関西さるく会の下見を行いました。
下見の結果、目的地を変更することにしました!

  当初予定:大阪市此花区舞洲 ⇒ 変更後:岸和田

当初の目的であったゆり園は昨年7月1日に閉園しております。
また、施設シーサイドパークネモフィラまつりも終了閉園の状態となっています。
従いまして、舞洲で〝さるく“にも只のスポーツ公園しかない状態です。

6月23日(日)のさるく会は岸和田周辺をぶらぶらさるくことに計画を変更することにしました。
岸和田は 紀州街道沿いの古い町並みを残した城下町です。
朝の連続ドラマ「チューリップ」で有名なコシノジュンコさん実家 おはら洋装店があった商店街、
岸和田だんじり祭の「だんじり会館」、お堀がきれいで4階建ての天守閣のそびえる岸和田城などが見物になります。
来週再度下見を行いより良い「岸和田さるくプラン」を考えますので皆様是非ご参加よろしくお願い致します。

<第56回関西さるく会「大阪・岸和田さるく」概要>⇒公式案内は来週公開予定
目的 ;岸和田城周辺まち歩き
実施日:6月23日(日)
集合場所;南海線 岸和田駅
集合時間;10:00
出発 ;10:15
費用 ;さるく会会費 300円、
だんじり会館、岸和田城、きしわだ自然資料館入場料 700円
計1000円

(大阪担当世話人 泉田)

2019年6月2日(日) 第5回撮影会&ミーティングを実施しました。

 今回は京都府立植物園。7、14、19、24、36(2名)回生と各年代のバランスも取れた6名が参加。アジサイは少し早かったもののバラ、花菖蒲、超巨大ネギ坊主(アリウム・ギガンテウム)などの花々や観覧温室の草木などたくさんのモデルが目白押し。みなさん時間が過ぎるもの忘れて撮影三昧です。あまり熱心すぎて時間ぎりぎりでとうとう記念写真も撮らずじまいでした。撮影終了後は北山のカフェでランチ&ミーティング。おいしい食事とビールがミーティングを一層活発にしてくれます。その内容は総会での展示会出展と次回撮影会のテーマ・日時・場所の決定。そして長年の課題だった写真講評会実施などを検討・方向付けを行いました。楽しい時間もあっという間に過ぎ、次回の撮影会での再会を約して散会。思い出に残る撮影会になりました。

2019年5月12日(日)15回生春の同期会を実施しました

令和元年5月12日、15回生春の同期会を開催しました。

久しぶりに東京から駆け付けたT君を始め男子10名・女子2名が大阪天満のフレンチビストロに集合。

ワインと美味しいフレンチを堪能しました。

出席したメンバーは後期高齢者にはみえない元気いっぱい。

しかし最近は常連者も体調不良で欠席が増え、お互い健康に留意しようと話し、次回秋の総会後の再会を約束して散会しました。

(15回生平記)

 

 

2019年5月26日(日) 第55回関西さるく会を実施しました

5月25日、京都、第55回関西さるく会『鴨川川床さるく』を実施しました。
京阪三条に39名が集合しました。
愛知県からの参加、東京から61回生の参加、中国から研修で来日中の沈雪さんの参加もあり、 常連さんも含め、益々多彩なメンバーになってきました。
三条通りから花見小路通りを抜け、京都最古の禅寺建仁寺へ。
最初の見所は、俵屋宗達の最高傑作とされている風神雷神図屏風。その構図の大胆さに圧倒されます。
次の見所は〇△□乃庭!単純な三つの図形は宇宙の根源的形態を示し、禅宗の四大思想(地水火風)を地□、水〇、火△で象徴したものとか!
もう一つの見所は、法堂天井画、双龍図!創建800年を記念して平成14年に小泉淳作画伯が描いた双龍は迫力満点です。
その他、建物や庭園など見どころ満載です。
四条河原町に戻り、四条通りを西へ向かい、大丸を経由して錦小路通へ。
外国人観光客で賑わう錦市場を散策。小腹がすいて各自食料補給。
通りを抜けると龍馬暗殺の近江屋跡。向かいは土佐藩邸。更に三条界隈まで上がると海援隊京都本部があった酢屋、池田屋跡が並んでいます。
私達は祇園四条から先斗町の細い路地を上がり、鴨川おどりが終わった歌舞練場の隣りにある川床の富美屋までさるきました。
そしてここで、本日のメインイベント、川床料理をいただきます。
5月にしては強い日差しの下、鴨川を爽やかな風が吹き抜けます。
期待の川床料理は上品でさすが京都の味付け!つんたかビールも格別です。
京都、鴨川、川床、ゆったりとした心地よい時空が有難く、手配くださった小林さんに感謝です。
川床の風情を楽しみつつ、反省会を兼ねた昼食会もお開きに。
京都の初夏の一日を満喫してそれぞれ家路へと向かいました。

23回生 手嶋 記

<先斗町歌舞練場と川床「富美家」をバックに記念写真>

<花見小路から建仁寺へ>

 

  

<錦小路から竜馬ゆかりの地、そして先斗町へ>

     

<川床で乾杯!、そして昼食>

     

<池田屋前で解散>

 

写真は川端さん・桑原さん(36回生)、大久保さん(37回生)にご提供いただきました。(19回生 福地)