No48 岡村さにい 72回生 「コロナと大学生活」

このエントリーをはてなブックマークに追加

  大阪で一人暮らしをしている大学2年生です。

  あっという間に時間は過ぎて、気づけば大学2年生の7月を迎えようとしている中、「来年はきっと大丈夫」と言われていたコロナも収束の見込みはありません。大阪では緊急事態宣言が解除されましたが、まん延防止等重点措置は発令されたままの状況でまだ日常は戻ってきません。

私の大学では、昨年度は完全オンライン授業、そして今年度もまだ対面授業が徐々に始まり、未だにまともな大学生活を経験できていません。交換留学生にも選んでいただき秋学期から留学する予定でしたが、コロナの影響で延期になってしまいました。

このように上手くいかない日々が続いていた自分を支えてくれたのが、高校時代の友人からの連絡でした。長崎を出たいと懇願していた自分でしたが、離れてみることで長崎が恋しくなっていました。通う学校が変われば置かれる環境も変わり、新しい友人関係を築くことで昔の友人と疎遠になってしまうことが多いと言われる中で、今でも変わらず私に長崎での居場所を残してくれていたり、都会の情勢や一人暮らしを気遣ってくれたりと、距離は離れていても交流が続いているのがどれほど嬉しいか実感することができました。

気軽に旅行ができ、会いたい人に会いに行ける日常が戻ってくることをひたすら願い続けようと思います。

次は、同級生の森島奈央さんにこのタスキを繋ぎます

No48 岡村さにい 72回生 「コロナと大学生活」」への1件のフィードバック

  1. 昨年入学の大学生は 最も厳しい状況ですね。。 そんな中でも クラブ活動頑張っている子もいます  私は今 阪大のフィールドホッケー部のコーチをしていますが 新入部員勧誘 部の存続も大変な状況です  他の大学では 休部になってしまったとこもあります。。  リモートでの各部の勧誘みたりすると 新しい発見があるかと思います 先日も二回生が見学に来てくれました。 大学の友人は 特に部活で苦労した仲間は一生の付き合いとなります。 高校時代の仲間も もちろん大事ですが ぜひ 色んな チャレンジをして 友人を増やされんことを期待しています。 追伸 他大学のマネージャーも募集しています 足りません(笑)

吉田隆明 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です