2018年4月7日(土)播磨東風会「姫路城観桜会」を実施しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ***************************************

春爛漫?姫路城観桜会波乱の幕開け?

姫路城にはソメイヨシノ、シダレザクラなど約1000本の桜があり、天守閣や白壁に映える景色は、「日本の桜の名所100選」にもなっています。

今年は満開のピークは過ぎていたものの十分にが楽しめる姫路城観桜会4月7日、播磨東風会メンバーに遠方からの同窓生加えた12名が集まりました。 時折吹く春風に場所取りしたシートも飛びそうNMが何とか抑え込んでいましたが、皆が集まり「さぁ、始めようか」となった頃に花時雨が・・・ 広げていたシートを被り 宿り。 花冷えに加え風もあり、今年は大変な花見になったぞ』と上がるのをちました数分 天は我々を見放しませんでした。 

再び、シートを広げ、播州地方の地酒で乾杯~ぃ! お花見弁当を広げ、おつまみを並べて、お酒もたっぷりと、何も言うことはありません。 同窓生の集まりでは、いつも思いますが話が尽きません、凄いです この日は2時間半お琴の音を遠くに聞きながら、桜に負けない品の良お淑やかな会話がみました。25回生が多かったためでしょう お弁当を食べ、お酒もたっぷり飲んで、和菓子付き抹茶も頂いた女性陣を先頭に好古園を散策し、春を満喫できた姫路城の一日でした。

最後になりましたが、滋賀から駆けつけてくれたIさん御夫妻、辛口吟醸酒“萩の露”ごちそうさまでした。また、常連のOさん御夫妻、いつもお世話になります。 そして、桜姫さま姫路観桜会ドリンク券+好古園入場券』の豪遊チケットの手配など今年もありがとうございました。(25回生 松﨑記)

       

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です