2019年4月19日(金) 関西トークの会(19回生)を実施しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

        

 4月19日は関西トークの会の定例会。トーク(遠く)神奈川、長崎からの参加もあり今回は19名が神戸の街をさるきました。長崎からは全体同窓会の波多野会長もいっぱいお土産を持っての参加です。もちろん寄付のお願いも忘れていませんでした。

 まずは神戸港クルーズです。海からの六甲山、造船所のドックでは潜水艦の建造?、そして神戸空港への飛行機の着陸シーンとどれも心に残る景色です。でも景色に関係なくおしゃべりに夢中な人たちも。船内はほぼ貸切状態で自由な時間を満喫しました。

 その後は懇親会時まで中華街のさるくタイム。あまりの人の多さにみなさんびっくり!さすがに中国人の姿は見かけませんでしたが(笑)お店を覗きながらさるいているとなんと「よりより」が!でも裏を見ると長崎新地産です。思わず長崎に想いを馳せてしまいました。

 そして梅の花での懇親会。大津谷幹事の挨拶と乾杯で始まった懇親会は長崎弁が飛び交う楽しいトークタイムです。お酒とおいしい料理はおしゃべりの潤滑油。久し振りに参加したメンバーも即、常連です。またそれぞれの近況報告ではみなさんうなずいたり、質問したりとなかなか終わりません。長崎から日帰りの宮原君の時間も迫りやっとお開き。

 それでも名残惜しく女性軍はお茶会、男性軍はカラオケと場所を移しての二次会。時間を忘れた参加者もやっと満足したのかそれぞれ帰路につきました。

 今回のトークの会を企画・運営していただいた大津谷君、南都さんに感謝いっぱいの一日でした。(福地記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です