2020年1月26日(日)第63回関西さるく会「伏見初詣さるく」を実施しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の初のさるく会を実施しました。
早朝まで降っていた雨があっという間に止み、青空に、そして午後からは快晴!
予報を完全に覆えした某晴れ女のパワー恐るべし!
こう何度も続くともう偶然とは言わない!

J R稲荷駅に新参加2名を含めて23名が集合しました。
駅前通はインバウンド参拝客で相当混雑しています。
朱塗りの本殿を一先ずやり過ごし、稲荷山山頂(標高233m)を目指して登り始めました。
途中の千本鳥居は圧巻!はじめの鳥居のトンネルを抜けた先にある奥社奉拝所(おくしゃほうはいじょ)で“おもかる石”にチャレンジした人も。
鳥居のトンネルを通り抜けたところに「根上がりの松」。
そのご利益を祈願して、さらに四つ辻まで登って来るともう息も上がって汗も滲んできます。
眼下には京都市南部の市街が広がっています。
茶屋で甘酒(450円)などをいただきながらちょっと一息。
息を整えて、さあもうひと頑張り!
三ノ峰、ニノ峰と無数の祠にお参りして、いよいよ山頂の一ノ峰にたどり着きました。
一ノ峰上社の「末広大神」に深々と頭を下げて今年一年の幸福を祈りました。
四つ辻まで下ったところで昼食。もうすっかり青空になっています。
更に下って本殿へ。
それぞれ願いを込めて初詣完了。

そして気持ち良く反省会会場へと向かいました。
中華料理&お酒をいただきながら各テーブルで会話が弾みました。

世話役の田部さん(23回生)、福地さん(19回生)お疲れさまでした。

<蛇足>それにしてもインバウンド客の多さはさすが人気No.1の観光地。
    『神々も マルチリンガル 初詣』
    『稲荷神 多言語対応 初詣』
    『初詣 多言語飛び交う 稲荷山』
         (作 手前の太道 罵笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です