No54 波多野徹 19回生 「長崎から感謝と思い」

 関西同窓会の皆さんお久しぶりです。19回生、同窓会会長を拝命中の波多野徹です。コロナ禍で辟易の日々ですが、オリンピック選手の活躍による歓喜、また感動の涙に救われてます。

長崎は本年で開港450年を迎えます。

我が母校も新制高校となって73年、前史に遡れば旧制長崎中学校から173年、更に長崎商業と同じく英語伝習所から162年、更に長崎聖堂から345年。

我が故郷は何と面白い歴史上の街でしょう。是非、コロナ禍が落ち着いたら延期した次の同窓会総会で長崎に帰省されたし!各回の同窓会生が歓待してくれます。

ところで会報は見ていただいてますか?

学生も学校、先生、PTA、我ら同窓会生も奨学会も頑張っています。この経済的維持は皆様の協賛金と寄付金に支えられてます。私の理想は一人千円。もしお送りした約二万人全員がそそうなら万々歳。それに近づけたらと願うばかりです。
先日、総合文化祭とインターハイの出場者メンバーへの支援金の贈呈式に代表して母校に行ってきました。孫の年代です。

行動があれば思いは繋がって行くものです。皆様とともに。

次は現在母校の教師で同窓会の専務理事を担当していただいている山口一守さん(45回生)にタスキを繋ぎます。山口さん、よろしくお願いいたします。

写真は13回生堀さんが編集した450年記念の書籍です。版画は田川憲さん。田川さんの長男肇さんは14回、二男良さんは19回です。

No49 森島奈央 72回生 「テスト」

   「大学生になったら、こんな風に過ごしているだろうな」という想像とかけ離れた生活も1年以上が過ぎました。だんだんこの暮らしにも慣れてきましたが、大学のテストを一度も経験していないことには未だに妙な気分にさせられます。

高校時代、私はあまり勤勉な方ではありませんでした。それでも、テスト期間にはテスト勉強に励み、テストを受け、結果に一喜一憂しました。高校生活の中で「テスト」は当たり前に存在するものでした。

しかし、大学に入学してみると、1年生はほとんどオンライン授業になり、対面でのテストどころか、オンラインでのテストもなく、レポートで学期を締めくくりました。これは、2年生になった今でも同じで、私は未だに大学でテストを受けたことがありません。

テストが受けたくてたまらない!と言うと嘘になりますが、全くないというのも寂しいものだと最近思うようになりました。状況がだんだん回復にむかってきて、全部が対面授業になり、テストが再開される日もそう遠くないのではないかなと思います。

 神戸の下宿で、大学から出される宿題をもくもくとこなしていた寂しい時期に、東高の先輩として、楽しいお話を沢山聞かせてくださった37回生の山崎博美さんにこのタスキを繋ぎます。

No48 岡村さにい 72回生 「コロナと大学生活」

  大阪で一人暮らしをしている大学2年生です。

  あっという間に時間は過ぎて、気づけば大学2年生の7月を迎えようとしている中、「来年はきっと大丈夫」と言われていたコロナも収束の見込みはありません。大阪では緊急事態宣言が解除されましたが、まん延防止等重点措置は発令されたままの状況でまだ日常は戻ってきません。

私の大学では、昨年度は完全オンライン授業、そして今年度もまだ対面授業が徐々に始まり、未だにまともな大学生活を経験できていません。交換留学生にも選んでいただき秋学期から留学する予定でしたが、コロナの影響で延期になってしまいました。

このように上手くいかない日々が続いていた自分を支えてくれたのが、高校時代の友人からの連絡でした。長崎を出たいと懇願していた自分でしたが、離れてみることで長崎が恋しくなっていました。通う学校が変われば置かれる環境も変わり、新しい友人関係を築くことで昔の友人と疎遠になってしまうことが多いと言われる中で、今でも変わらず私に長崎での居場所を残してくれていたり、都会の情勢や一人暮らしを気遣ってくれたりと、距離は離れていても交流が続いているのがどれほど嬉しいか実感することができました。

気軽に旅行ができ、会いたい人に会いに行ける日常が戻ってくることをひたすら願い続けようと思います。

次は、同級生の森島奈央さんにこのタスキを繋ぎます

No46 野崎義規 27回生 「なかなか出来ないこと。」

申年生まれの65歳、高校時代はサッカーに夢中でした。6月で65歳になりました。1回目のコロナワクチン接種終わり、2回目を待っている状況です。接種後は外食にいきたい!

会社勤めも本年の9月をもって退社予定です。なので、断捨離を2年位前からやろうと動いてますが、なかなか出来ません。

身近なところから洋服の処分。タンスの中には着ないスーツ、コートなどその時代に合わせて買った思いがあり、次のシーズンには処分しようとなり越冬を繰り返しています。
親から相続した不動産。長崎にあり、将来管理不能となる事が予想されるのでこれも処分しなきゃ。でも未だ半分残ってる。

気持ちはあるが、執着心・もったいないという固定観念から開放されず動きが遅い。退社後は何をするでもなくただ家にいると、妻から私が早々と断捨離されるかも(笑)。

次は昨年大阪へ進学された72回生にサッカー部出身者がいると聞きました。45歳も若い池田志成君にタスキをお願いしたいと思います。頼もしい後輩、よろしく!

No40 近藤芳民 13回生 「思い出とコロナ下の近況」

 旧満州国の新京で生まれ、昭和21年に引き揚げ、現在の南島原市で育ちました。

 現役時代、欧米の会社と仕事をした時は、ジャパンアズNO1と囃された時代でもあり日本人は個人的にも大事にされました。寧ろ、痛感したのは、自由に意見を言えない語学力の乏しさでした。
 一方、モスクワでの打ち合わせでは、分裂の少し前でしたが、ソ連の人達が自信を無くしているのが分かりました。満洲引き上げは、殆ど記憶していないものの、國の盛衰で個人の運命も決まるんだと、実感したモスクワ訪問でした。

 コロナ下での外出制限対策として有効だと思い、ラジオ英会話に再挑戦しています。記憶力と滑舌の低下は否めませんが、時間は有り余っているのが強みです。80歳までには成果をあげて、孫娘達を驚かそうと,密かに目論んでいます。
 コロナと中国問題を切っ掛けに、世界も変わりそうです。主役は子供や孫達の世代でしょうが、どんな日本になるのか、我々も少し覗き見したい気がします。

 次は同期の後町伸子さんにタスキをお渡しします。