No40 近藤芳民 13回生 「思い出とコロナ下の近況」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 旧満州国の新京で生まれ、昭和21年に引き揚げ、現在の南島原市で育ちました。

 現役時代、欧米の会社と仕事をした時は、ジャパンアズNO1と囃された時代でもあり日本人は個人的にも大事にされました。寧ろ、痛感したのは、自由に意見を言えない語学力の乏しさでした。
 一方、モスクワでの打ち合わせでは、分裂の少し前でしたが、ソ連の人達が自信を無くしているのが分かりました。満洲引き上げは、殆ど記憶していないものの、國の盛衰で個人の運命も決まるんだと、実感したモスクワ訪問でした。

 コロナ下での外出制限対策として有効だと思い、ラジオ英会話に再挑戦しています。記憶力と滑舌の低下は否めませんが、時間は有り余っているのが強みです。80歳までには成果をあげて、孫娘達を驚かそうと,密かに目論んでいます。
 コロナと中国問題を切っ掛けに、世界も変わりそうです。主役は子供や孫達の世代でしょうが、どんな日本になるのか、我々も少し覗き見したい気がします。

 次は同期の後町伸子さんにタスキをお渡しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です